ヘアブラシの種類と効果


普段何気なく使っているヘアブラシですが、

ヘアブラシは種類によってもたらす効果が異なります。

今回は、「クッションブラシ」「パドルブラシ」

「ロールブラシ」「スケルトンブラシ」の紹介をしようと思います。

クッションブラシ


ブラシの腹の部分にクッションがついているため頭皮に優しく、絡んだ髪も優しく梳かしてくれるブラシです。

クッション性はパドルブラシにやや劣りますが、サイズが小さめなのでパドルブラシよりも細かい作業(髪をセットする場合など)に向いています。

ブラシの目が適度に細かく、髪についた汚れを落とす効果があるため、シャンプー前に使うブラシに適しています。
頭皮をマッサージする目的で使用する場合は、ブラシの先端に丸いピンが付いているものを選ぶといいでしょう。

パドルブラシ


ブラシの面積が大きい、四角張っているということ以外はクッションブラシと変わりのないような見た目をしています。

しかし、殆どのパドルブラシにはブラシの腹の部分に空気穴があり、頭皮にかける負担を大きく減らしてくれる効果があります。
さらにブラシの目も適度に粗い造りになっており、頭皮が弱い人や抜け毛が気になる人におすすめできるブラシです。

クッションブラシと同様、髪についた汚れを落とすために使ったり、マッサージをするのにも適しています。

ロールブラシ


ロールブラシは髪の毛が巻き付きやすく、髪をブローしたり、セットする際に優れたブラシです。

筒状をうまく利用して髪をブラシに巻き付けカールヘアーにしたり、根本からロールブラシをあててストレートヘアーにすることもできます。

また、髪のボリュームを出すことにも優れています。
扱いが少々難しいことが難点ですが、使い慣れると手放せなくなる使い勝手の良いブラシです。


ロールブラシはどのサイズがいいの?

・大きめのロールブラシ
→髪の長い人や髪が絡まりやすい人におすすめ。

・中くらいのロールブラシ
→髪が細い、絡まりやすいけれど髪を巻きたいという人におすすめ。

・小さめのロールブラシ
→髪が短い人、強めに髪を巻きたい、またはしっかりストレートにしたい人におすすめ。

ベントブラシ


髪が長い人や絡まりやすい人、パーマをかけている人におすすめのブラシです。

ブラシの目が粗く隙間が多い造りになっており、骨のような見た目をしていることから「スケルトンブラシ」とも呼ばれています。

そのため多少濡れた髪でも摩擦が起こり難く、さらにプラスチック素材でも静電気の発生を抑えるなど、髪へのダメージを最小限に抑えることができます。

ざっくりと髪を梳かせるため、手ぐしに近い感覚で使用できます。