正しい髪の洗い方


シャンプーの種類や洗い方によって、頭皮環境は大きく左右されます。

間違った洗い方をしていると、頭皮に悪影響を与え、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

今回は、おすすめの髪の洗い方について紹介します。


①乾いた髪をブラッシングする


シャンプーをする前に髪をブラッシングするだけで、シャンプーをした時の泡立ちを
大きくしたり、汚れを落ちやすくする効果があります。


この時、コームではなくきちんとブラシで行うようにしましょう。
また、スタイリング剤などで固められた髪を無理やりブラッシングするのもNGです。

髪の毛が長い人は、毛先から順にブラッシングをしましょう。
突然根本からブラッシングしてしまうと、髪の毛が絡まったり、
頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

②水洗い


シャンプー前に、しっかりとシャワーで髪を洗いましょう。1分以上の水洗いが好ましいです。

この時に注意してほしいのは、お湯の温度です。
40度以上のお湯だと、頭皮が火傷してしまったり、乾燥してしまうことがあります。
洗髪のときの温度は、38度前後がベストです。

また、髪を洗うときは指の腹を使い、爪で頭皮を傷つけないように心がけましょう。
この水洗いだけで、髪の汚れの7~8割程度は落ちると言われています。

③シャンプーで髪を洗う


いよいよシャンプーで髪を洗います。
シャンプーをする時に1番に注意してほしいのが、シャンプー剤は直接頭皮に付けず、一度手のひらで泡立ててから使用するということです。
もし地肌に直接シャンプー剤をのせてしまうと、刺激が強すぎて頭皮に負担をかけたり、すすぎで十分に洗い流せなくなってしまうことがあります。

特に、市販のシャンプーは洗浄力が強いものが多いため、市販のシャンプーを使用していらっしゃる方には特に気をつけてもらいたいです。

④シャンプーした髪をすすぐ


頭皮のトラブルで多く見られるのが、シャンプーのすすぎ不足です。
すすぎをしっかり行わないと、せっかくの丁寧な洗髪も水の泡です。

シャンプーのぬめつきがなくなっても、
頭皮にはまだシャンプーが残っていることが多いです。


ぬめつきがとれたところで、更にもう少し余分にすすぎを行うようにしましょう。
すすぎは3分以上が好ましいです。

⑤リンスで髪を保護する


髪を洗い終わったら、リンス(もしくはトリートメントかコンディショナー)で髪を保護します。

この時、リンスはシャンプーと違い頭皮ではなく髪の毛だけに付けます。
根本は避け、髪の毛が長い人は毛先中心に、髪が短い人は根本より少し手前に付けるようにしましょう。
リンスは頭皮につけると刺激を与えてしまったり、すすいでも十分に落ちないことがあります。




豆知識「リンスとトリートメントの違い」

 リンス&コンディショナー

・髪の表面をなめらかに整える
・髪の指通りを良くしたり、キューティクルが痛むのを防ぐ
・髪に付けてから時間をおく必要はあまり無い

 トリートメント

・髪の内部に成分を浸透させ、内側から髪をケアする
・髪に付け、5~10分時間をおくと更に効果が期待できる

最近はリンスとトリートメントの両方の効果を併せ持つものも多く、配合している成分はメーカーよって様々ですので、購入前に配合成分を確認してみるのも良いでしょう。

⑥タオルドライ


髪をしっかりすすぎ終わったら、髪を乾かす前にまずタオルドライを行いましょう。
タオルドライをするときは、水気を取るように優しく拭きましょう。
濡れている髪は傷つきやすいので、ゴシゴシと強く拭くのはNGです。

⑦ドライヤーで乾かす


ドライヤーをする時に注意してもらいたいのが、髪にドライヤーを近づけすぎないということです。15~20㎝は離すようにしましょう。

ドライヤーの熱で髪が痛むことを理由に自然乾燥を好む人もいますが、濡れた髪を放置しておくと細菌が繁殖してしまい、抜け毛や薄毛などの頭皮トラブルに繋がりかねません。

タオルドライ後もきちんとドライヤーで髪を乾かしましょう。



ドライヤーで髪を乾かす順番


ドライヤーで乾かす順番にも気をつけましょう。
①前髪→②根本→③髪全体の順番に乾かすのがおすすめです。

前髪は比較的に乾くのがはやい場所です。
他の箇所から乾かしていると、いつの間にか前髪がごわついた形のまま乾いてしまうことがありませんか?
前髪でその人の印象は大きく左右されます。
変なクセがついてしまわないよう、一番先に乾かしましょう。

次に髪の根本を乾かします。
髪全体より根本から乾かすことによって、毛先の乾かしすぎを避けます。
さらに髪全体にクセが出にくくなり、かつ髪もふんわりとなります。
前髪と根本を乾かし終えたら、髪全体を乾かしましょう。